ブログ

書籍のご紹介「アニマル・ファーム」

ブログ

弊社創設の時代に出版した貴重な本をご紹介いたします。

 
「アニマル・ファーム」動物農場 ジョージ・オーウェル著 永島啓輔訳

[解説]
第二次大戦に関わった国々が戦後当面する問題は国民の食糧や物資の困窮状態を解消することだけではなく、崩壊した社会秩序を確立することが急務であった。そこで社会主義や共産主義の実行が望まれた。オーウェルの『アニマル・ファーム』は人間が支配する農場を舞台に叛乱を起して支配者となった動物が社会秩序として試みた共産主義体制を風刺した小説である。本書は戦後GHQの下で一番最初に翻訳許可を得た貴重な本である。

TOP